ストレスをためない

母乳を出すホルモンは、精神的な影響を非常に受けやすいのです。
赤ちゃんの泣き声を聞いたり、授乳時間が近づいたりすると、
お乳が張って、ポタポタ垂れてしまうことがありますし、
逆にストレスは母乳の分泌を抑えてしまいます。

ですから、ゆったりとした気分で過ごすこと、
そして、赤ちゃんに何度も乳首を吸わせることが、
母乳の出を良くするために、とても大切です。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。