母乳育児奮闘記2-3ヶ月検診で確定-

アトピーの疑いあり


気になっていた湿疹は、徐々に全身に広がり始めました。
肌もカサカサしており、赤ちゃんらしくありません。

まさか・・・アトピー?

何度も頭によぎりましたが、とりあえず3ヶ月検診までは様子を見ようと思っていました。

そして3ヶ月を間もなく迎える頃、とうとう痒がりだしたのです。
一番症状がひどいのは顔と頭だったのですが、まだ上手く動かせない小さな手で、顔や頭をこすっているのです。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違いは、痒がるか否か、だと思います。

多分、アトピーだろう・・・

そう覚悟して、3ヶ月検診に行きました。

案の定、アトピー性皮膚炎の疑いあり、との診断でした。

しばらくは薬を塗りながら、母乳を与えているので、私が食事制限をして、様子をみることにしました。

とりあえず、卵・牛乳をなるべく控えるように、とのことでした。

その後も、皮膚科に行ったり、別の小児科に行ったりしてみましたが、言われたのは同じ、アトピー性皮膚炎だろう、という診断でした。

私が卵と牛乳を控えて、薬を塗っていたら、肌がウソのようにきれいになりました。

良かった・・・

安心したのもつかの間、再び肌がカサカサになっていったのです。

二人目の母乳育児は、娘のアトピー&食物アレルギーによる私自身の除去食のつらさを除けば、至って順調でした。
母乳云々よりも、アトピーの方に気をとられていたので、苦労したという記憶がないのかも知れません。

アトピーに関する詳しい内容は、姉妹サイトである
アトピー性皮膚炎治療奮闘記 - 赤ちゃんのアトピー治療-
をご覧いただけましたら、幸いです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。