母乳育児奮闘記2-退院から1ヶ月検診まで-

順調だけど・・・


退院した日から急に母乳の出が良くなり、ミルクはほとんど必要なくなりました。

良く飲み、良く寝る赤ちゃんだったので、本当に楽でした。授乳間隔もほぼ安定していて、約3時間おきに飲ませて寝かせての繰り返しです。
寝つきも良く、ほとんどぐずることもなかったので、母乳育児ってこんなに楽なんだ、と改めて実感していました。

上の子の時では考えられないほど、何もかもが順調でした。

お乳のトラブルも特にありませんでしたが、お乳がどのくらい出ているのか、赤ちゃんの体重がどのくらい増えているのかを確認したくて、おっぱいマッサージに行ってみることにしました。

そうしたら何と、100㏄近くの母乳が出ており、赤ちゃんの平均体重増加率は何と1日50gだったのです!
平均体重増加率は1日30gあれば充分なので、増え過ぎているくらいです。

実はどうしても母乳不足感から抜け出せず、1日に1回だけミルクを足していましたが、この日から、ミルクは完全に絶つことにしました。

この時、私が今まで頑張ってきたことは無駄じゃなかった、努力が報われた、と思いました。

助産婦さんも手こずるほど、非常に出の悪いおっぱいだった私が、こんなに出るようになったのです。
そして、1ヶ月検診を迎えました。

体重増加率は1日46gと、前回より減っていましたが、これはミルクを足さなくなった分でしょうし、30gより上回っていますから、全く問題ありません。
体重も問題なし、体調も問題なし、健康そのものでした。

ただ、目の周りにできた湿疹は相変わらずで、先生曰く、乳児湿疹だろうから、清潔にしていれば問題ない、とのことでした。

でも、私や家族は、もしかしたらアトピーなのでは・・・と思い始めていたのです。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。