母乳育児奮闘記-予想外の妊娠・断乳-

断乳ってつらい・・・


最初の子を出産してから半年後、生理が再開する前に次の子を妊娠してしまいました。

母乳を飲ませていると妊娠しない、と言いますが、正確には妊娠しにくいだけで、妊娠しないわけではありません。
排卵は、生理が来る前に起こります。産後はいつ排卵が起こるかわかりません。
年子を望まない方は、生理が再開するまで、産後の避妊には充分気をつけてください。

子供は2人欲しいと思っていたので、次の子を妊娠したことは別に問題ではなかったのですが、まだ上の子に授乳をしていたので、断乳をしなくてはならなくなりました。

妊娠中に授乳しても問題ないらしいのですが、授乳による子宮の萎縮などが原因で、流産する可能性も否定できないため、私は断乳する方を選びました。

産婦人科の先生のアドバイスは、いきなり離すのではなく、徐々に離してあげて、とのことでした。

徐々に母乳を飲ませる回数を減らし、徐々にミルクを飲ませる回数を増やして行きました。
母乳不足にならないためにでも説明していますが、これは母乳を出なくする方法です。

とは言っても、半年頃というのは母乳が一番良く出る時期なので、止めるのも結構大変です。
最後の一週間は乳腺がボコボコに硬くなっておっぱいが変形してしまうほど張り、かなりつらかったのを覚えています。

お母さんの身体のためにも、せめて産後1年は妊娠しない方が良いです。せっかく出ているお乳を無理に止めなくてはならないし、赤ちゃんもお乳を飲むことができなくなるのですから。

私が言っても説得力がありませんが、経験上、産後1年以上空けてから、次の子を妊娠した方が良いと思います。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。