母乳育児奮闘記-産後初日と1日目-

新米ママの格闘!


産後、生まれたばかりの赤ちゃんを胸に乗せ、赤ちゃんに乳首を吸わせました。
吸うというよりは、ただ口に含んでいるだけでしたが、これが、授乳開始の合図になるのです。

ですから、母乳育児のためには、産後すぐに赤ちゃんを抱かせてくれて、お乳を吸わせてくれる産婦人科や産院がおすすめです。

・・・とは言っても、母乳はすぐには出ません。

まずは、お産の疲れを取るべく、ベッドに横になりましたが、お産の興奮が冷めなかったのか、ろくに食事も取れず、なかなか寝付くこともできませんでした。

翌日、いよいよ本格的に授乳開始です。

赤ちゃんのオムツを替えて、体重計に乗せます。
その体重をノートに記入し、赤ちゃんに吸わせてみました。

ところが、これがなかなか難しい!

赤ちゃんがまだ上手く吸い付けず、新米ママもそんな赤ちゃんをまだ上手くフォローできません。
しかも、マッサージをあまり真面目にしていなかったせいか、乳首が硬く、伸びも悪かったので、さらに大変。

まず、赤ちゃんに吸い付かせることからスタートです。

看護婦さんんに助けてもらいながら、何とか吸い付かせたら、今度は痛みに耐える羽目に。本当に痛い!
赤ちゃんって、思ったよりずっと強い力で吸い付くんです。
やっぱり、マッサージはしておくべきです。

授乳後、もう一度赤ちゃんの体重を計りました。
しかし、当然ながら全く変わらず、増減0。
授乳前の体重と、授乳後の体重を比較して、どのくらい母乳を飲んだか計測しているのです。
お乳もまだ張らず、母乳は出ていないようです。

自宅で母乳量を計れる便利なベビースケールをご存知ですか?
実は私、使っていました。
産婦人科の体重計程、細かな単位ではありませんが、およその目安にはなります。
退院後、母乳量が不安な方は、使ってみてもいいかも知れませんね。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。