母乳が出ない!そんな私の母乳育児体験記

母乳は何から作られるの?でも説明していますが、母乳がたくさん出るようにするには、お母さんの食生活が大事です。

 

それ以外に、効果的な方法をご紹介します。

お風呂でリラックス

母乳,育児,不足,出ない,体験記

身体が温まると血液の循環が良くなり、胸の血行が良くなると、母乳もよく出るようになります。

 

シャワーで熱めのお湯を胸にたっぷりかけたり、熱いタオルで温めるのも効果的です。


睡眠をたっぷりと

母乳,育児,不足,出ない,体験記

生後間もない赤ちゃんは、2〜3時間おきにお乳を欲しがるので、お母さんは睡眠不足になりがちです。
でも、母乳をたっぷり出すには、身体を休めることも大切です。

 

母乳を作るプロラクチンの分泌は、睡眠中に増加しますので、短時間でも、なるべく睡眠を取り、ゆっくり休むとことが、よく出る母乳への近道です。


ストレスをためない

母乳を出すホルモンは、精神的な影響を非常に受けやすいのです。
赤ちゃんの泣き声を聞いたり、授乳時間が近づいたりすると、お乳が張って、ポタポタ垂れてしまうことがありますし、逆にストレスは母乳の分泌を抑えてしまいます。

 

ですから、ゆったりとした気分で過ごすこと、そして、赤ちゃんに何度も乳首を吸わせることが、母乳の出を良くするために、とても大切です。