母乳が出ない!そんな私の母乳育児体験記

保育器行きに・・・

4日目、ようやくお乳が張り出しました。
さあ、これでいよいよ母乳を飲ませてあげられる!と思った矢先のことでした。

 

5日目のことです。
「黄疸が強いので、1日保育器に入れて治療をしましょう」
と言われたのです。
母乳,育児,不足,出ない,体験記
(画像はイメージです)

 

ようやくお乳が張り出して、これから飲ませてあげようと思っていたのに、出来なくなってしまいました。

 

新生児黄疸は、丸1日、保育器の中で全身に紫外線を浴びさせて治療します。
その間、保育器から出すことができないので、直接母乳をあげることができないのです。

 

仕方がないので、搾乳して与えることになりました。
出始めたら、最初の子のときよりも出が良く、搾乳だけで30t近く搾れたのを覚えています。

 

オムツ以外は何も身に着けない裸のまま、青白い光線が射す保育器の中で、紫外線にやられないために、両目に眼帯を貼られている我が子。
その姿を初めて目の当たりにしたときは、思わず涙がこぼれました。

 

約3時間おきに搾乳し、それにプラスしてミルクを与えていました。この治療のときは、たくさん水分を摂らせなくてはならないため、通常ならミルクは足さないのですが、例外として飲ませていました。

 

たった1日のことですが、せっかく出ている母乳を直接飲ませてあげることができない、抱っこして飲ませてあげられない悲しさ。
あんなに切ない気持ちになったのは初めてでした。

関連ページ

二人目の母乳育児−産後初日と1日目−
経産婦ならではの余裕でしょうか。産後、興奮することもなく、乳首の状態も良好です。
二人目の母乳育児−2日目・3日目−
初産婦より経産婦の方が母乳が出始めるのが遅く、吸わせても母乳が出る気配はありません。
二人目の母乳育児−6日目・退院−
黄疸治療後に発生した、赤ちゃんの顔の目の周りの赤い湿疹が気になります。
二人目の母乳育児−退院から1ヶ月検診まで−
退院した日から急に母乳の出が良くなり、ミルクもほとんど必要なくなり、何もかもが順調でしたが・・・