母乳が出ない!そんな私の母乳育児体験記

ミルク育児推奨?

母乳,育児,不足,出ない,体験記

実家から自宅に戻り、家事をしながら初めての子育てです。
なるべくミルクは足さないようにしながら、それなりに順調に育児を楽しんでいました。

 

しかし、相変わらずトラブルの多い、私のおっぱい。
ところが、自宅の近所の産婦人科には母乳指導をしてくれる助産婦さんがいませんでした。
このような場合は市役所等に連絡して、助産婦さんを紹介してもらうといいと聞いたので、さっそく連絡しました。

 

私の住んでいる市では、初めての子に限り、産後1ヶ月頃に保健婦さんが訪問してくれます。
その時に、お乳のマッサージのことを話したら、その保健婦さんは助産婦でもあったらしく、快くマッサージを引き受けてくれたので助かりました。

 

後日、近所に住んでいる元産婦人科の看護婦さんも様子を見にきてくれましたが、そのときに言われたのが、

「出ない人は出ないんだから、ミルクを足しなさい」

正直、ショックでした。
その方は自分の親よりも歳が上の方です。
親の時代は母乳よりもミルクが推奨されていた時代だから、考え方の違いで仕方ないのかも知れません。
でも、元産婦人科の看護婦さんが母乳育児を理解していなかった悲しさは、今でも忘れられません。

 

そして3ヶ月検診の時、近所の産婦人科と同じ病院内にある小児科に行きました。
そこでも言われたのは、

「平均より少し小さいから、ミルクを足してください」

赤ちゃんは、確かに平均よりは若干小さめでしたが、それでも標準範囲内で順調に大きくなっていたにもかかわらずです。

 

マッサージをしてくれた保健婦さんは、
「これだけよく出るなら、もうミルクは足さなくてもいいですよ」
と言っていたのに・・・。

 

自宅周辺では、どうも母乳育児に理解がないようです。

 

話はちょっと戻りますが、お宮参りの日、授乳する場所がなく、仕方なく一回ミルクを飲ませたのですが、おっぱいがバンバンに張ってしまい、自宅に戻ってから搾乳したのですが、手搾りでは間に合わず、買っておいたさく乳器を初めて使いました。そうしたら、100t以上取れたので、びっくり!

 

乳首の為には手搾りが良いそうですが、一時的に飲ませることができなくなった時など、大量に搾る時は、さく乳器を使ってみてもいいと思います。手で搾るより楽に、たくさん搾れますよ。


関連ページ

初めての母乳育児−産後初日と1日目−
初めて赤ちゃんに乳首を吸われ、母になったことを実感!お産の興奮もなかなか冷めませんでした。
初めての母乳育児−2日目・3日目−
慣れない授乳に悪戦苦闘!お産で痛い思いをして、産後も授乳で痛い思いをするなんて思いもしませんでした。
初めての母乳育児−4日目・5日目−
母乳の出が悪く、なかなか上手く行かない授乳に少し弱気になっていました。
初めての母乳育児−6日目・退院−
出が悪い上にトラブル続きのおっぱい。それでも自分と赤ちゃんを信じて母乳育児を続ける決心をしました。
初めての母乳育児−退院から1ヶ月検診まで−
毎日必死だった退院後の母乳育児。この1ヶ月の頑張りが報われました。
初めての母乳育児−予想外の妊娠・断乳−
最初の子を出産してから半年後、生理が再開する前に次の子を妊娠してしまいました。